裁判での離婚とその手続き

Pocket
LINEで送る

離婚が認められるためには

裁判で離婚と認めてもらうには、そのための要因が必要となります。
主に、配偶者の不貞行為であったり、配偶者による悪意の遺棄、配偶者が精神病になっており回復が見込めない場合、3年以上配偶者の生死が不明の場合、そして婚姻を継続させることが困難な事由がある場合に、離婚を認めてもらうことができるのです。

財産分与とや慰謝料について

離婚をする際には、財産分与をどうするか、慰謝料についてはどうするか、そこを決めることになります。
基本的に、当事者同士が合意しているのであれば、その金額は自由に決めることができます。
どちらかでも納得ができない場合には、そちらも裁判で争うことになります。

親権の問題について

離婚をする上で、子供がいる場合は親権者はどちらになるのか、そこが非常に重要な問題になるでしょう。
特に、子供が複数人いる場合は、それぞれの親権を決めなければならないので、そちらも場合によっては調停や審判で決めることになるかもしれません。

Pocket
LINEで送る