財産の分与は必ずと言っていい程もめる

Pocket
LINEで送る

結婚をしている間は、住んでいる家や貯金しているお金などは、夫婦共有の財産となるわけです。
しかし離婚をするとなれば、共通財産ではなくなるので、お互いに分ける必要があるわけです。
その財産分与をどうするかも、かなり重要な問題になってくるのです。

財産分与で注意すべき点

財産分与の請求権に関しては、原則として2年以内となっているので、それを過ぎてしまうと権利が消滅してしまうのです。
そのため、離婚をしてから財産分与について話し合うこともできるのですが、期限を過ぎてしまわないように注意しないといけません。
また、慰謝料は財産分与とはまた別の話になりますし、必ず請求できるというわけではありません。

子供がいる場合の親権問題

夫婦のみであれば、財産分与さえ決めれば離婚をすることができます。
しかし、もし子供がいるのであれば、子供の親権者を決めなければならないのです。
これを決めないと、離婚届けを出しても受理してもらえないのです。
もちろん、これに関しても協議の上で決めることが原則ですが、もしそれで決まらない場合は、家庭裁判所の方で審判をしてもらうことになります。

ただ親権を決めるだけでなく

親権問題に関しては、ただ親権を決めるだけでなく、養育費に関することであったり、親権者でない方は子供とどの程度会ったりするのかなど、そういったこともしっかりと決めておく必要があります。
そうでないと、離婚をしてからまたトラブルになったりする可能性もあるので、それを避けるためにも決めるべきことは決めておくようにしましょう。

Pocket
LINEで送る