離婚をする際の手続きは結構たくさんある

Pocket
LINEで送る

離婚届を提出する

まず、離婚をするには離婚届を出すことになります。
夫婦両方の署名と捺印をして、それを市役所や村役場へ提出することになります。
ただ、調停や裁判による離婚をする場合は、それに関する書類も揃えておく必要があります。

住所の変更届

離婚をしたのに、お互いが同じ家に住むことはありません。
最低でもどちらかは別の場所で暮らすことになります。
その場合は、住所の変更届を出す必要があります。
たとえ同じ市町村内であっても、届出はしっかりと出さなければなりません。

子供がいる場合

もし子供がいる場合は、転校をするのであればその手続きを、姓を変更する場合はそれに関する変更届を出さないといけません。
もちろん住居が変わるのであれば、子供の分の手続きもする必要があります。

年金と保険の手続き

離婚をしたことによって、例えば夫の健康保険に妻も一緒に加入していたのであれば、離婚後は国民健康保険に加入しなければなりません。
年金の場合も同様で、その手続きもしておかなければならないのです。
必ず加入をしなければいけないので、手続きを忘れてしまうと面倒なことになってしまいます。

その他に必要な手続きについて

運転免許証を持っているのであれば、変更手続きをしなければいけません。
姓や住所が変わるのであれば、そちらも一緒に変更をする必要があります。
また、郵便先の住所が変わる場合も、郵便会社の方が手続きする必要があります。
他にも、各種保険や銀行口座、クレジットカードや携帯会社など、名前や住所の変更で手続きが必要な場合は、全て漏れなく行っておく必要があります。
事前に必要な手続きを全てピックアップしておき、1つ1つ確認しながら行うといいでしょう。

Pocket
LINEで送る