離婚をすれば財産分与をすることになる

Pocket
LINEで送る

離婚をするとなれば、共有財産を分けるために財産分与をすることになります。
これに関しても、基本的にお互いに協議をして決めることになります。
ただ、当然ですが離婚理由や親権などの問題も絡んでくると、そう簡単には決まらないケースもあるのです。

理想は半分ずつ分けることですが

財産分与において、理想は半分ずつ分けることだと思います。
ただ、自分はそれで納得していても、相手側が納得しない可能性もあるわけです。
「自分が稼いだお金で買った物ばかりだから、自分の方が多くもらうべきだ」、「親権は私にあるから、子供のことも考えて多めに分与してほしい」などと、お互いの議論が平行線を辿ることもあるのです。
そうなれば、家庭裁判所の方で審判をしてもらい、そこで判断をしてもらうことになるのです。

離婚後の財産分与について

財産分与は、親権とは違って絶対に離婚前に決めなければいけないわけではありません。
親権の場合は、事前に決めておかなければ離婚はできませんが、財産分与は離婚をしてからでも行うことは可能なのです。
ただ、財産分与の際には、財産分与請求権を行使することになるのですが、その期間が離婚をしてから2年以内と決まっているのです。
したがって、もしその期間が過ぎてしまうと、請求権を行使することができなくなり、最悪の場合は財産を分与してもらえない可能性も生じるのです。
そのため、できる限り財産分与に関しては、離婚をする前に決めておいた方がいいのです。
まして子供がいるのであれば、なおさら財産分与は早い段階で決めておかなければなりません。

Pocket
LINEで送る