離婚手続きの面倒なケース

Pocket
LINEで送る

国によって離婚の手続きは様々

日本は、お互いの合意があれば基本的には自由に離婚できます。
しかし海外の場合は、裁判での審判が必須であったり、相応の理由がなければ離婚が認められないケースもあるのです。
あるいは、夫のみ自由に離婚をすることができても、妻の場合は離婚にかなりの制限がかかっている場合もあるのです。

どちらかが日本に常駐しているのであれば

基本的に、夫婦のどちらか一方でも、日本に常駐している日本人であれば、離婚の際は日本の法律が適用されることになっています。
そのため、もし配偶者である外国人が、どれだけ離婚の認定が厳しい国の出身であっても、問題なく離婚をすることができます。

ややこしいのは外国に帰国するケース

ただ、ややこしくなるケースとして、離婚をした後に元配偶者である外国人が、自分の国に帰国するケースです。
そのまま日本に住み続けるのであれば問題ないのですが、離婚後に自分の国で暮らすとなれば、その国では離婚が認められない可能性があるのです。
そうなれば、その後の生活にも大きな支障をきたしてしまう可能性があるので、かなり面倒なことになりかねないのです。
そのため、もし配偶者が離婚後に自分の国へ帰るのであれば、その国での手続きも同時に行っておくのが望ましいのです。

自由に離婚ができる国は実は少数

そもそも、日本のように自由に離婚ができる国というのは、世界的に見れば実は少数なのです。
他に、韓国や中国なども、多少の条件はあるものの基本的には自由に離婚ができます。
しかし、多くの国では離婚をするには、一定の条件が必要だったり、よほどの事情がなければ離婚ができない国もあるのです。

Pocket
LINEで送る